お中元 選ぶ

郵便局

相手がもらって困らない・嬉しい商品をお中元に選ぶという事

お中元を贈る際に気をつけるポイントとして、贈った相手が食べやす・嬉しいと思うような品物を選ぶという事を心がけています。その相手によって食べやすい・嬉しいとはどのような事でしょうか。その点についてまとめてみました。
@相手の好みにあうかという事を考える
お中元で販売されている食品は、魅力的な品物があります。しかし、相手の好みや年代食べられるかどうかという事を考慮して選ばないと、せっかく贈っても結局は食べてもらえなかったという事になりかねません。
例えば年配の方には洋食関係の食品は、それほど食べたいと思われないかもしれません。洋食の食品はおしゃれなのですが、年代などを考慮して、相手が食べてくれそうかという事をもう一度考えてみる必要があるのです。
A相手の食事制限に問題がないかという事を考慮する
好みと並んで気をつけるポイントは、相手が食べられない物を贈らないように気をつけるという事です。例えば糖尿病の人にスイーツ関係のお中元を贈る事はできませんし、塩分の制限をしている人には漬物などを贈る事はできません。また、アルコールは制限をしていない場合でも、もともとビールを飲まないという事もあるので、気をつけましょう。
相手の体調を考え、食べられない物を贈らないという事が大切です。
B食べやすい物を選ぶ
食べやすい物を選ぶという事は、どういう事でしょうか。例えばパッケージなどが開けにくい物などは、相手によっては控える事もあります。開封するのに力がいりそうな品物や、開封しても調理が面倒な品物は、結局は相手にとって負担になるので、避けた方が無難でしょう。開けやすい・調理しやすいといった点を考慮して、品物を選ぶようにするようにしましょう。
Cいただいた時に嬉しい!と思えるような品物を選ぶ
お中元をせっかく贈る場合、どうせなら喜んでもらいたいと思うでしょう。相手にとってもらってうれしい物とはどのような品物なのでしょうか。相手の好みを外さないという事ももちろんですが、できれば更にサプライズ要素のあるものを選びたいですね。
例えば同じフルーツを贈るのでも有名店のものを選んでみるのも良いでしょう。名前は知っていても自分でなかなか買う事がないので、もらった時に「わ!嬉しい!」という事になるのです。そういったサプライズ要素を考え、相手にマッチした品物を選ぶようにしましょう。
以上、お中元を贈る際の商品選びのポイントについて、まとめてみました。相手が喜ぶ素敵な品物が選べるといいですね!